「焙煎香族」(秋田県藤里町)VS 「焙煎貴族」(長野県池田町)
手焙煎の達人を自負する両者。「安曇野手しごとマルシェ」にて“真の手焙煎マスター”(?)が決定します!

●プロフィール●
「焙煎香族」(秋田県 藤里町)
強火で豪快に煎る豆の深みある味わいは他の追随を許さない。シティロースト(浅い深煎り)で焙煎されたエチオピアのイリガチェフェは、甘く爽やかなモカフレーバー。硬度19の超軟水「白神山水」が味を引き立てる。

 

「焙煎貴族」(長野県 池田町)
スナップを効かせた独特のスタイルで、中煎りを得意とする。きれいな酸味を持ち味とし、その繊細な豆は、シルクのような口あたり。生産者や環境に配慮したこだわりのサスティナブルコーヒー。

 

●ルール●
両者とも同じ豆をその場で手焙煎し、天然水で究極の1杯を淹れます。
審査員は、来場者の中から5人を選出。飲み比べて、どちらが美味しいかを判定してもらいます。
午前と午後の2ラウンド制。果たして、勝敗はいかに!

第1ラウンド 10時30分~
第2ラウンド 13時30分~

手焙煎ワークショップも行います。お楽しみに!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です